失敗しない
ポイントは?
はじめての運用
アウトソーシング

クラウドのタイプとは?
パブリッククラウドとプライベートクラウドのどちらで構築するとよいのでしょう?

クラウドは大きく「パブリッククラウド」と「プライベートクラウド」の2種類に分類できます。AWSやAzureなどの商用クラウドサービスが「パブリッククラウド」であり、独自に構築するのが「プライベートクラウド」です。ここでは、「パブリッククラウド」と「プライベートクラウド」の概要とメリット・デメリットをご紹介します。

AWSやAzureなど「パブリッククラウド」

「パブリッククラウド」とは商用クラウドサービスのサーバ環境を、インターネットを介して借りる形態で、自社システムを移行・構築して利用します。代表的なクラウドサービスとして、AWSやAzureなどが挙げられます。
最大の特長は「借りる」という点にあります。所有することなく、利用だけができるため、自社でシステム構築する必要がなく、サーバ運用・更改もありません。

「パブリッククラウド」のメリットは以下が挙げられます。
●調達が簡単
使いたいときに素早く利用できます。導入の負担を軽減できます。
●コストの適正化
借りたリソース容量を時間単位で支払います。必要に応じてリソースを柔軟に増減でき、支払いも合わせて変化します。コストの透明性があり、予算計画が立てやすくなります。
●運用負荷の軽減
自社でハードウェアを購入・所有する必要がありませんので、運用の負担から解放されます。故障やサポート切れ対応が不要になり、運用担当者の負荷を軽減することができます。

次に「パブリッククラウド」のデメリットです。
●障害の際に何もできない。
クラウドサービス自体で障害が発生している場合、利用者は連絡を待つしかなく何もできません。
●選べるサポートが限られる
RDBなどが指定されている場合があり、システム移行や構築のハードルになります。

自社で独自に構築「プライベートクラウド」

「パブリッククラウド」と対照をなすのが「プライベートクラウド」です。「プライベート」という名称の通り、その企業が独自にデータセンターに構築したり、ホスティングして構築を行います。自社で構築するためオンプレミスに近いイメージです。
「プライベートクラウド」の方が「パブリッククラウド」よりも以前からあり、かつては仮想サーバと呼ばれていました。企業のデータセンターやサーバルームには膨大な数のサーバがあり、個々に運用していました。これでは管理負荷が大きく、場所も電気代もかかります。そこで、1台または数台の大型サーバに集約し、それを仮想的に分割して個々にシステム化したのです。

「パブリッククラウド」と比較した「プライベートクラウド」のメリットは以下になります。
●独自システムを構築できる
業務に合わせて自由に設計できます。カスタマイズも容易です。
●独自のセキュリティシステムを採用できる
企業ポリシーに合わせたセキュリティ管理が可能です。外部に出せない顧客データなどの保管ができます。

次に「プライベートクラウド」のデメリットです。
●初期投資がかかる
自社でシステム構築するため、時間とコストがかかります。
●高度な技術力が必要となる
構築にも運用にも専門の技術者が必要です。
●リソースの追加・縮小が困難
自社で取り揃えているため、不要になっても簡単に手放すことができません。また、追加には時間とコストがかかります。

マネージドサービスのプライベートクラウド、ハイブリッド、マルチクラウド

クラウドは「パブリッククラウド」と「プライベートクラウド」の2種類だけではありません。
「マネージドサービスのプライベートクラウド」というものも存在します。これはホスティングやパブリッククラウドを借りて、自社独自のプライベートクラウドにしている形態です。コストは適正化できますし、リソースの追加・縮小も可能です。ただし、障害発生時には手を出すことができず、選べるセキュリティもサービスも限られてしまいます。さらに、技術力も必要となります。
さらに、「ハイブリッドクラウド」は、「パブリッククラウド」「プライベートクラウド」「オンプレミス」を組み合わせたシステム形態です。それぞれのシステムのメリット・デメリットを組み合わせることになりますので、現状のシステム状況に合わせて最適な「ハイブリッドクラウド」のプランニングが重要となります。

まとめ 幅広くカバーしているパートナーを相談相手にしよう

クラウドは登場して10年ほどの成長期にある分野です。次々と技術革新が繰り返され、新機能が搭載されて、新たな形態のクラウドも登場しています。クラウド移行・構築時には、自社に最適なクラウドが何かをしっかりと考えてもらうためにも、幅広くクラウド形態に対応できるベンダーに相談することがオススメです。

システム運用担当者さま必見のお役立ち情報

今の運用現場には、多くの悩みを生む「負のスパイラル」があります
「システム運用、負のスパイラルから脱却するには」
システムの維持保守をするだけで手一杯なのに要求は増えるばかり。でもコスト削減で体制は増強できないから改善が進まない。そんな負のスパイラルから抜け出すヒントをまとめた資料です。

【このコラムの著者】
ReSM(リズム)サービス担当

ReSMサービスはシステム運用の「 {re} design 」をコンセプトに、 「最適な運用」を「最適な価格」でご提供するマネージド・サービス・プロバイダーです。 クラウドの導入支援から安心の運用監視・保守までをトータルでご提案できます。
>>ReSMのサービス内容はこちら

関連サービス

{Re} System Management