失敗しない
ポイントは?
はじめての運用
アウトソーシング

AWSなどクラウド移行・構築の代行サービスはありますか?
ベンダーはどう選べばよいですか?

AWSなど商用クラウドサービスが誕生してから、クラウドへのシステム移行や新規構築の代行サービスが数多く提供されるようになっています。新規にクラウド移行・構築を開始したベンチャー企業もありますし、古くからのSIベンダーが開始した構築代行サービスもあります。現在ではさらに数が増えている状況です。そこで今回は、AWSなどクラウド移行・構築の代行サービスとそのベンダーの選び方について解説しましょう。

AWSなどクラウドにもある移行・構築代行サービスとベンダー

当初、AWSなどクラウドへの移行・構築は手軽な作業で、自社内でも簡単にAWSに構築できると考えている方も多かったようです。しかし、SaaSのように手軽なものではありません。AWSのインフラならではの特性があり、それらを理解したうえで使いこなさなければシステム移行・構築は難しいのです。
もちろん、構築にはオンプレミスと同じレベルの技術力が必要で、稼働後はアプリケーションの運用も必要になります。また、オンプレとのシステム連携、接続が求められるケースもあり、クラウドならではのセキュリティ対策も不可欠です。
このように、自社内での対応にはハードルが高いことから、クラウド移行・構築の代行サービスを提供するベンダーが次々と登場してきたのです。代行サービスベンダーには、AWS、Azureそれぞれの専門性を有する等、各社で特徴があります。

移行・構築代行サービスのコストには理由がある

サーバ等の調達が必要なオンプレミスと異なり、AWSでは従量課金となるため、導入コストは抑えられますが、AWS上への新規構築の場合はシステムインテグレーション費用が発生します。
AWSなどのクラウド移行・構築代行ベンダーの価格には幅がありますが、低価格なものはパッケージ化されているため柔軟な対応が難しく、お客様側の負担が大きくなるケースが多いといえます。回線接続を自社で対応する必要があったり、オプションで別料金になっていることもあります。また、セキュリティ監視などもオプション設定となっており、こうした作業をプラスしていくと、高価格帯の代行サービスベンダーと大きな差はなくなっていきます。
一方で、コンサルティングを行い、AWSやAzureなどクラウドの選定から移行・構築までワンストップでサポートする代行サービスベンダーも存在します。彼らに依頼する場合、それなりの価格となりますが、安心感があります。
価格については、作業内容に応じてどのくらいのコストがかかるかを正確に把握しましょう。低価格だからというだけで選定してしまうと、後々の負担やコストが増え非効率となりがちです。

ノウハウ・技術力・実績・企業規模もチェック

代行サービスベンダー選びは、サービス範囲と価格だけではありません。そのベンダーの企業力も確認する必要があります。
まずは「人」。商談時やメール・電話などの対応の質・スピードを確認して、信頼できる代行サービスベンダーかどうかを判断すべきです。対面で話をすると技術力や経験が把握できます。電話だけの対応だったり、慣れていない新人が対応するような代行サービスベンダーは要注意です。
ノウハウや技術力に関しては、AWSなどのクラウド移行・構築の「実績」で判断することができます。また、同業他社でのAWS導入事例があるかもポイントの一つです。例えば、金融業界など高いセキュリティレベルが求められるような業界では、同業他社での実績があれば信頼できるベンダーである可能性が高いです。
その他、企業規模や歴史も必須の確認ポイントです。あまりに小規模では不安があり、創業したばかりでは実績が少ないため、確実にチェックするようにしましょう。

AWSクラウド移行・構築だけではなく運用やオンプレ連携も

AWSなどのクラウドは、移行・構築だけでは完了しません。その後、運用も必要になります。運用はアプリケーションのメンテナンスはもちろん、AWSなどクラウドの監視と構成管理、高負荷対応も必要になります。定期的に構成を見直し、リソースを最適化することでコストも適正化できます。
また、サービスダウンへの対応も必要です。障害発生時には、原因がクラウドサーバにあるのか、回線にあるのか、アプリケーションにあるのかを切り分け、復旧対応しなければなりません。障害は他のシステムにも影響があるケースも多く、オンプレミス側の確認なども必要となります。
さらに、セキュリティ対策も重要で、入口対策や出口対策、データ暗号化、脆弱性診断や24時間365日の監視も求められます。このように、AWSは移行・構築以外にも、幅広い対応が必要となりますので、代行サービスベンダーを選ぶ際には、運用、オンプレミス、セキュリティなど、どこまで対応してもらえるかを確認しましょう。

まとめ AWSのノウハウがない場合には、ワンストップサービスを!

AWSなどクラウド移行・構築の代行サービスをさまざまなベンダーが提供しています。自社にどのようなサービスが必要なのかを把握したうえで、代行サービスベンダーを選定しましょう。
クラウドでは、運用もセキュリティも必要です。さらに、大がかりなシステム構築やハイブリッドな環境になると、プロジェクトマネジメント力が重要となります。また、代行サービスベンダーには、クラウドだけに特化したベンダーもあれば、大手SIerのように技術力があっても高価格のベンダーもあります。
DTSは、大手SIerと同等レベルの技術力に加えて、柔軟でキメ細やかな対応、高いプロジェクトマネジメント力を有しており、適正価格でワンストップのサービスを提供しています。クラウド移行・構築でお困りの際は、ぜひDTSにご相談ください。

システム運用担当者さま必見のお役立ち情報

今の運用現場には、多くの悩みを生む「負のスパイラル」があります
「システム運用、負のスパイラルから脱却するには」
システムの維持保守をするだけで手一杯なのに要求は増えるばかり。でもコスト削減で体制は増強できないから改善が進まない。そんな負のスパイラルから抜け出すヒントをまとめた資料です。

【このコラムの著者】
ReSM(リズム)サービス担当

ReSMサービスはシステム運用の「 {re} design 」をコンセプトに、 「最適な運用」を「最適な価格」でご提供するマネージド・サービス・プロバイダーです。 クラウドの導入支援から安心の運用監視・保守までをトータルでご提案できます。
>>ReSMのサービス内容はこちら

関連サービス

{Re} System Management