リモート運用保守・クラウド構築サービス

ReSM{Re}System Management

運用navi

システム運用の基礎知識から改善ポイントまで。
ITマネジメント専門業者の豊富な実績とノウハウで、
すぐに役立つ知識をご提供します。

クラウド

AWSやAzure、クラウドサービスはどう比較すればいいですか?
IaaSの選び方を教えてください。

「クラウド」と一言でいっても、提供されているサービスはさまざまです。その中からいったいどれを選べばよいのでしょうか。また、どのような基準で比較すればよいのでしょうか。
ここでは、代表的なクラウドサービス(IaaS)であるAWSとAzureの2つを取り上げ、概要と比較ポイントを解説していきます。
さらに、AWSとAzureなどクラウドサービス(IaaS)への移行・構築・運用を支援するクラウドベンダーの重要性を解説します。

比較1:代表的なクラウドサービス(IaaS)の「AWS」「Azure」とは?

パブリッククラウドの2大サービスに「AWS」と「Azure」があります。以前は、AWSがクラウド市場を切り開き他社を圧倒していましたが、IaaS分野では、Azureが追い上げています。まず、この2つのサービスの概要を比較しましょう。

・AWS

Amazon Web Servicesの略で、Amazon.comから提供されています。10年以上の実績を持つクラウドサービスの先駆者であり、他社と比較して圧倒的なシェアを誇ります。
Web Servicesという名称の通り、Webサービス・サイトの移行・構築がメインだったのですが、現在はこれに限らず多種多様なサービスに利用されています。全世界で20以上の地理的リージョンで提供されており、パブリッククラウドのデファクトスタンダードです。
ストレージ機能のほか、ビッグデータ解析などのアナリティクスツール、アプリケーションサービスやモバイルサービスなど豊富なサービスを用意しています。

・Azure

Microsoftが提供するパブリッククラウドです。2010年からサービスが開始され、Office365などMicrosoft社が提供するほかのクラウド型サービスとの連携やSharePointのようなアプリケーションからの移行がスムーズに行えるのが強みです。オンプレミスサーバとの親和性が高いことも特長となっています。
Microsoft製品との組み合わせを考えている場合は、クラウドサービス比較と選択の有力候補になるでしょう。

関連ページ  AWSのクラウド移行・構築・運用は、高品質サービス、適正価格のReSMサービスを

比較2:「AWS」「Azure」は何をポイントに比較・選択するか

クラウドサービスを選ぶ際、どのような項目を比較すればよいのでしょうか。以下、代表的な比較項目を解説します。

・サービスの比較

基本サービスは両者とも十分に提供されています。例えば仮想サーバはAWSでは「EC2」、Azureでは「VM」。ストレージならAWSでは「S3」、Azureでは「Azure Storage」。これらサービス内容は日々アップデートされるため、常にキャッチアップ・比較してからシステム選定することが重要です。

・性能の比較

選択するCPUやストレージによって性能は異なります。サーバやストレージの性能は第三者機関がベンチマークで比較しているので参考にしましょう。ガートナーも評価を発表しており、AWSもAzureも世界的に最上級の評価を得ています。どちらもスーパーコンピューターの性能ランキング「TOP500」にたびたびランクインしていますし、性能面でもまったく問題ありません。

・料金の比較

課金単位(分か時間かなど)やその料金、ディスカウントサービスの有無を比較・確認しましょう。例えば、AWSでは長期利用の場合「リザーブドインスタンス契約」で割安になります。

・障害への耐性(ディザスタリカバリ)の比較

冗長化できるか、複数のデータセンターでDR(ディザスタリカバリ)構成が取れるかを比較・確認します。AWSもAzureもDR構成を取ることができ、これら内容を詳細に確認して、システムの重要度やコストを検討しながら最適なクラウドサービスを選択しましょう。

・クラウドサーバ選択の自由度比較

IaaSでは基本となるコア数、メモリ、ディスクを個々に設定できるかどうかも比較しましょう。移行・構築するシステムに適した構成にできるかを比較・判断します。

関連ページ  AWSのクラウド移行・構築・運用サービス価格表はこちら!

比較3:クラウドサービス(IaaS)の選び方はサービスではなく、クラウドベンダーの選び方が重要

AWSとAzureのクラウドの比較ポイントをご紹介しましたが、これらの評価や数値は刻々と変化しています。その時点で比較した内容が、いつまで有効かわかりません。
また、複数のシステムがある場合、それぞれのシステムに適したサービスが異なり、1つに絞りきれないこともあります。クラウドサービスの併用という解決策もありますが(マルチクラウド)、いいとこ取りできる反面、運用が複雑になるというデメリットもあります。
ここでポイントとなるのが、クラウド上へのシステムの移行・構築・運用をサポートするクラウドベンダーです。クラウドベンダーをパートナーとして、サービスの比較・選択から相談していくのが効果的だといえます。
クラウドは変化が激しいため、最新動向のキャッチアップ・比較は困難です。また、システムやサービスはクラウドだけで完結することはなく、オンプレミスとの連携も必要になります。企業システムをトータルに捉えることのできるクラウドベンダーの比較・選び方から始めましょう。

関連ページ  運用設計・監視設計から24/365の運用までをワンストップ提供

4.比較のまとめ クラウドベンダーで、クラウド導入の成功が左右される

AWSとAzureのクラウドベンダーの比較・選び方が重要だと解説しました。その比較ポイントを改めて整理してみましょう。
・移行・構築・運用、セキュリティ監視までワンストップで提供できること
・オンプレミスからクラウドまでカバーしていること
・実績があり信頼できるベンダーであること
クラウド移行・構築を成功させたいなら、まず、この3点について検討しましょう。

関連ページ  AWS運用もお任せ!導入~運用保守をフルアウトソースAWS利用料の請求代行・月額払い・円払いにも対応

システム運用担当者さま必見のお役立ち情報

今の運用現場には、多くの悩みを生む「負のスパイラル」があります
「システム運用、負のスパイラルから脱却するには」
システムの維持保守をするだけで手一杯なのに要求は増えるばかり。でもコスト削減で体制は増強できないから改善が進まない。そんな負のスパイラルから抜け出すヒントをまとめた資料です。

お気軽にお問い合わせ下さい

03-6914-5215

平日 9:00〜17:00

お問い合わせ

  • 株式会社DTS

    1972年の創業以来、独立系の総合情報サービス企業として金融や通信をはじめ、さまざまな業種・業態のお客様に
    コンサルティングから設計、開発、運用、基盤構築までの多種多様なITサービスを提供しています。