24時間365日体制にするコストは? | ReSM

ReSM{Re}System Management

運用navi

システム運用の基礎知識から改善ポイントまで。
ITマネジメント専門業者の豊富な実績とノウハウで、
すぐに役立つ知識をご提供します。

システム運用

自社で24時間365日のシステム運用体制を組むと、
コスト(費用)はどれくらいかかるのでしょうか?

WEB系のサービスはもちろん、グローバル化や職場環境の多様化で、ITシステム運用にも24時間365日の対応が求められるケースが増えています。では、実際に自社内で24時間365日の運用体制を構築すると、どれくらいの人数・コスト(費用)が必要となるのでしょうか。 重厚な体制を敷こうとすると際限が無くなるので、ミニマムの体制で考えてみます。

最低限必要となるコスト(費用)は?

システム運用監視を行う時間を計算すると、24時間×30日=720時間 が、最低でも必要な工数となります。
ただし、実際には担当者の交代時に引き継ぎ作業が発生しますので、日勤・夜勤で1日1回交代するとしても、前後30分で計1時間は引き継ぎの時間が必要となります。ここまでを合計すると750時間となり、これが24時間365日の運用体制を敷く場合に必要となるひと月あたりの工数です。

1時間あたりの人件費(単金)を3,000円とし、コストに換算してみます。単金を工数に当てはめてみると、3,000円×750時間=2,250,000円となりますので、単純に工数を計算しただけでも月額で220万円以上のコストとなります。

“人”ベースで考えると?

通常の勤務体系ですと、一人あたりの勤務時間は1日8時間、月で20日程度です。よって、8時間×20日=160時間が一人がひと月に稼働できる時間となります。前項で出した合計工数をこの稼働時間で割ると、実際に24時間365日の体制に必要となる人数が出てきますので、計算してみましょう。750時間÷160時間(一人)=約4.7人。つまり、24時間365日の運用体制を敷くには、最低限5人の人間が必要となる計算となります。人件費だけでにコスト換算しても、250万円以上となるのではないでしょうか。

システム運用コストの削減が叫ばれる中、自社内に専任で5人以上を抱える体制を敷くことは非常に難しくなっています。また、定常的に発生する夜勤や法定休日出勤、病欠などに備えるバックアップ体制もコスト増を後押しします。そのため、24時間365日のシステム運用監視が必要となった場合は、すでに安定した体制を持っているシステム運用監視サービスの利用を検討される企業が増えています。弊社ReSMサービスの場合、月額10万円程度からのご提供が可能です。

関連ページ  システム運用サービスの具体的な価格は?

お役立ち資料ダウンロード

IT担当者さま必見のお役立ち情報

今の運用現場には、多くの悩みを生む「負のスパイラル」があります
「システム運用、負のスパイラルから脱却するには」
システムの維持保守をするだけで手一杯なのに要求は増えるばかり。でもコスト削減で体制は増強できないから改善が進まない。そんな負のスパイラルから抜け出すヒントをまとめた資料です。

お気軽にお問い合わせ下さい

03-6914-5215

平日 9:00〜17:00

お問い合わせ

  • 株式会社DTS

    1972年の創業以来、独立系の総合情報サービス企業として金融や通信をはじめ、さまざまな業種・業態のお客様に
    コンサルティングから設計、開発、運用、基盤構築までの多種多様なITサービスを提供しています。