常駐運用支援サービス|ReSM

ReSM{Re}System Management

常駐運用支援サービス

「現場にエンジニアが欲しい」
というご要望に、幅広い人材でご対応
高度なインフラ技術者、
運用エンジニアの常駐支援

常駐運用支援サービス

こんな課題はございませんか?

  • エンジニアが不足し、業務の継続的な増加に対処できない
  • 運用保守をアウトソースしたいが、どうしても外部では出来ない作業が残る
  • 現場でのサポート業務をしてほしい

常駐運用支援サービスとは?

① インフラ・サーバエンジニアとして
Windows/Linuxサーバや各種ミドルウェアの設計構築スキルをもつシステムエンジニアによる常駐サポートです。単純なエンジニア派遣・IT派遣ではなく、よりお客様業務に浸透し、システムの安定稼働や業務支援、お客様課題の解決に貢献します。
② 運用SE・運用コンサルタントとして
豊富なシステム運用ノウハウをもつReSMの運用SEなら、運用作業の見える化から体制の改善をはじめ、日々の運用管理作業の代行までをトータルでサポートできます。常駐での作業ですので、セキュリティやコミュニケーションの不安を解消し、効率的な活動が可能です。
③ 常駐+リモートセンターのハイブリッド運用管理も可能
常駐でのサポートとリモートセンターでの運用管理を組み合わせ、タスクの配分を最適化することで、高い運用品質とコストの削減を両立できます。常駐SEが継続的に運用を整理し、リモートセンターへ移管する作業を増やしていくことで、さらなるコストの削減のみならず、運用の見える化と属人化の排除も実現できます。

ご利用シーン

① 大規模プロジェクトチームでの常駐も可能
数名はもちろん、10名をこえる規模でのチーム常駐も可能です。サービスや業務の運用をトータルで請け負い、プロジェクトマネージャーを中心に責任を持った業務支援・運用管理体制をご提供できます。
② 情報システム部門様を常駐サポート
ITシステムの運用保守、社内サポートセンタといったIT部門の業務全般を担当者が常駐してご支援します。人的リソースの補充にとどまらず、長年の運用管理サービスの知見をいかしたプロセス改善で、属人化の解消や業務の見える化に取り組みます。
③ リモートセンタ活用でのコスト削減を見据えて
リモートセンタの活用でコストメリットが出る定型的作業や24時間の対応といった業務は、積極的に整理・ドキュメント化しての移管をご提案します。
現場対応が必要な業務は最小限の常駐人員で担当し、それ以外は低コストなリモートセンタを利用することで、IT運用管理の品質とコストを最適なバランスにすることができます。

お気軽にお問い合わせ下さい

03-6914-5215

平日 9:00〜17:00

お問い合わせ

  • 株式会社DTS

    1972年の創業以来、独立系の総合情報サービス企業として金融や通信をはじめ、さまざまな業種・業態のお客様に
    コンサルティングから設計、開発、運用、基盤構築までの多種多様なITサービスを提供しています。