システム運用コストの削減と品質維持を両立させるのは? | システム運用監視サービス ReSM

ホーム  >  システム運用改善・運用設計ソリューション  >  運用体制をスリムにしたい

システム運用改善・運用設計ソリューション

運用コストと品質のベストバランスを実現

ReSMを導入することで、品質を落とさずに運用体制の最適化とコストの抑制を実現するサービスです。要員リソースを共有するReSM統合運用センタなら、実際の作業量に応じた無駄の無い費用体系を実現できます。

サービスイメージ

コスト最適が進まない運用…
ReSMの活用でスマートな体制に

こんなケースに運用最適化サービスは効果を発揮します。

【ケース1】24時間365日の運用監視体制を維持する必要がある

【ケース2】障害対応や同時作業のピークを想定して体制を組まねばならない

まずはシステム運用診断で効果を測定できます。

導入事例

  • <某取引情報交換システムの場合>
    専用チーム体制から、ReSM導入による最適化で
    約25%のコスト削減に成功

    本システムでは、通常の運用監視の他に散発する深夜作業やピークを考慮した人数配分をする必要があり、思うようなコスト圧縮が進みませんでした。このようなケースに運用最適化サービスは特に効果を発揮します。

    まず深夜の作業やシステム監視、障害対応を24時間365日の運用センタを持つReSMに移管することで、約25%のコスト削減に成功。

    さらに休日夜間帯のヘルプデスクをReSMヘルプデスクサービスの利用により新設、サービスレベルの向上も達成しました。

お問い合わせ、資料請求は、お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

  • 株式会社DTS

    1972年の創業以来、独立系の総合情報サービス企業として金融や通信をはじめ、さまざまな業種・業態のお客様に
    コンサルティングから設計、開発、運用、基盤構築までの多種多様なITサービスを提供しています。