ハイブリッド・運用支援サービス|ReSM

ReSM{Re}System Management

ハイブリッド・運用支援サービス

拠点常駐とリモートセンターのベストミックス
ReSMセンタでの運用代行に加え、
お客様拠点にエンジニアが常駐し、
より専門的な業務を身近でサポート

ハイブリッド・運用支援サービス

こんな課題はございませんか?

  • 一律で運用コストの削減が求められたが、体制の削減は無理・・・
  • 運用保守をアウトソースしたいが、どうしても外部では出来ない作業が残る
  • システムが安定し、現場の体制が過剰になってしまった

ハイブリッド・運用支援サービスとは?

① サービス品質を下げず、コストの最適化を実現
ReSMセンタでの運用代行に加え、お客様拠点にエンジニアが常駐し、より専門的な業務を身近でサポートします。常駐のエンジニアとバックヤードのReSMセンターで業務を適正に配分することで、ムダのない効率的な運用体制が確立できます。
② 現場でしかできない個別特化型の作業にも対応
セキュリティをはじめ、対話をしながらの作業やノウハウ蓄積が必要な作業は現地での対応、その他の定型的な作業や夜間対応などはReSMセンターを使うといった最適な作業振り分けができます。また、現地作業をマニュアル化し、順次ReSMセンターに作業移管することで、さらなる体制の最適化と改善を進める事ができます。

お気軽にお問い合わせ下さい

03-6914-5215

平日 9:00〜17:00

お問い合わせ

  • 株式会社DTS

    1972年の創業以来、独立系の総合情報サービス企業として金融や通信をはじめ、さまざまな業種・業態のお客様に
    コンサルティングから設計、開発、運用、基盤構築までの多種多様なITサービスを提供しています。