開発(WEB開発)|ReSM

ReSM{Re}System Management

開発(WEB開発)

最低限のコスト・最低限のサービス・機能で試作品を作り、
短期間でリリースして利用者の反応を見ながら進化させる、
リーンスタートアップの考え方が重要だと考えています。

ビジネスのデジタル化を推進するなら
リーンスタートアップに最適の
Ruby言語による開発を

開発(WEB開発)

こんな課題はございませんか?

  • スモールスタートでWEB開発をしたい。
  • AWSに代表されるクラウドの機能を活用したい。
  • 企画したサービスのソフトウェア開発を任せたい(R&D開発)。
  • 短期間で試作しながら、段階的に進化させたい。
  • ベンチャーよりも信頼性のある会社に依頼をしたい。

開発言語と特長

① スピードとコストに優れた開発
Ruby言語は、WEB開発で多くの採用がされており、スピーディかつ低コストで開発する環境が整っています。代表的には下記の特徴があります。
  • 少ないコード量でスピーディかつ品質が高い開発の実現。 (Rubyのフレームワーク「Ruby on Rails」の採用)
  • OSSの積極的な活用によるコストの削減。
  • クラウド機能の利用による開発スピードの向上とコスト削減。
  • 各種の開発プロセスの自動化の採用。 (Capistarano、Chef)
② クラウドネイティブ
誤解を恐れずに言えば、クラウドネイティブな開発が可能です。
WEB開発の世界で進化してきたRuby(Ruby on Railsや、その周辺の技術)は、継続的に進化するWEBの世界のトレンドが取り入れられています。 代表的には以下の特徴があります。

選ばれる理由

① 製品開発(R&D)が出来るスペシャリストの技術
DTSの製品であるグループウェア「Bizca」はRuby on Railsで開発されています。
汎用的な製品開発に実績のあるスペシャリストがノウハウを提供します。
---
汎用的な製品の開発は、オーダーメイドの業務システムの開発とは異なるノウハウが必要です。
ビジネスのデジタル化を考える場合、不特定多数の利用者を前提にした開発になります。当社の保有する製品開発ノウハウは、お客様のビジネスのデジタル化を強力に推進する力となります。
② ビジネスオーナ様が理解しやすい開発の進め方
ビジネスモデルの考案や実現に注力するビジネスオーナ様(DTSに開発を依頼されるお客様)は、
必ずしもWEB技術に詳しいわけでは無いと考えています。
そのようなビジネスオーナー様に寄り添う開発を心がけます。
  • モック(試作品の試作品)を使った、完成イメージがわく進め方。
    定期的な打ち合わせの他、お客様とも御相談の上でインターネット上のツールを活用してコミュニケーションを活発に致します。
  • 管理ツール(Redmine、GitLab等)を使った課題共有。
  • TV会議、チャット(mattermost、slack)、Wiki、等を使ったコミュニケーション。
③ 信頼と実績
自社製品開発の実績、業務システムのオーダーメイド受託開発の実績、Ruby技術に関する認定などの信頼と実績で、ビジネスのデジタル化ご御支援します。
  • 「Rubyアソシエーション認定システムインテグレータ Gold」の認定。
    https://www.ruby.or.jp/ja/certification/sier/
  • 開発実績。
     - 自社製品開発「グループウェアBizca」
        www.bizca.jp
     - R&D受託開発「勤怠管理システムパッケージ」
     - WEBサービス開発「安否確認システム」
     - WEBサービス開発「ECサイト決済基盤」
     - インフラサービス開発「ホスティングサービス管理機能」
     - インフラサービス開発「全国販売拠点ネットワーク監視機能」
     - 業務システム開発「金融系全国営業店向け受領物管理」

お気軽にお問い合わせ下さい

03-6914-5215

平日 9:00〜17:00

お問い合わせ

  • 株式会社DTS

    1972年の創業以来、独立系の総合情報サービス企業として金融や通信をはじめ、さまざまな業種・業態のお客様に
    コンサルティングから設計、開発、運用、基盤構築までの多種多様なITサービスを提供しています。