標的型攻撃対策・インターネット分離ソリューション | ReSM

ホーム  >  サービス一覧  >  システム構築運用設計サービス  >  セキュリティ強靭化 標的型対策ソリューション

サービス一覧

標的型攻撃・ランサムウェアの被害を防ぐには、
業務用PC端末をインターネットから「分離」することが効果的です

ローカルブラウザと仮想ブラウザを使い分けるインターネット分離ソリューションなら、社内システムとインターネットのアクセス環境を簡単に分離でき、マルウェアに感染しても、社内システムへの侵入を遮断し機密情報の漏洩を防ぎます。

Point
増加を続ける標的型攻撃への対策として、総務省や独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は、個人情報をはじめとした重要情報を取り扱うシステムを、インターネットアクセスから分離する事を推奨しています。

ソリューションの特長

総務省・IPAが推奨する「インターネット分離」環境の設計・構築をトータルでサポートします。お客様環境のアセスメントはもちろん、最適な製品の選定、設計構築から運用管理までをご提供します。

インターネット分離の具体的な手法をご説明します

社内PCやセキュリティの管理は人数が多くなればなるほど煩雑となり、IT担当者がトラブルのたびに呼び出され手一杯になっていることも少なくありません。ReSMのAD総合サーポートなら、そんな管理者の負担を軽減するだけでなく、利用者にもメリットをだすことができます。

  • 仮想ブラウザによるインターネットアクセスからの分離 仮想ブラウザサーバにて各端末個別の仮想ブラウザを構成し、インターネットアクセスはこの仮想ブラウザに限定します。仮想ブラウザは各業務端末に画面のみを転送する方式をとりますので、業務端末及び社内ネットワークはインターネットから分離されます。もしマルウェア等に感染しても、感染範囲は仮想ブラウザに止まるので、業務端末や社内ネットワークへの侵入を防ぐ事ができます。
    物理的なネットワーク分離に比べ安価に導入できます
    ネットワーク回線の2重保有やインターネット接続用PCの追加が必要ありません。
    セキュリティ強化にありがちな利便性の犠牲を最小限にできます
    ブラウザ実行画面の転送なので、利用感は普段のブラウザと同様です。ただしブラウザ本体は仮想ブラウザサーバ側にあります。
  • 感染源となりやすいメールとファイルの無害化 代表的な感染経路である「メール受信」や「ファイルの受け取り」にも対策が必要です。本ソリューションなら、ユーザの利便性を犠牲にせず、効果的な対策ができます。
    メール無害化ソリューション
    インターネットへのアクセスが必要なメールに対し、新規に無害化用メールサーバを構築。インターネットメールを新規メールサーバにて受信後、無害化(アンチウィルス/アンチスパム機能)したメールを既存メールサーバに転送します。
    ・HTML、URLリンクのテキスト化/添付ファイル削除/添付ファイルの内容をテキスト化
    ファイル無害化ソリューション
    ファイル無害化サーバが、ファイルサーバの任意のフォルダ(IN)に置かれたファイルを自動的に無害化。別のフォルダ(OUT)へ出力します。
    ウィルスが潜伏し易いマクロやメタデータを全てチェックして無害化するため、見た目に影響を与えず、ユーザの利便性を損なうことはありません。

    ※ メール連携して、添付ファイルの無害化を実装することもできます。

お問い合わせ、資料請求は、お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

導入の流れ

導入プロセスがイメージできましたでしょうか?
他にもご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
  • 株式会社DTS

    1972年の創業以来、独立系の総合情報サービス企業として金融や通信をはじめ、さまざまな業種・業態のお客様に
    コンサルティングから設計、開発、運用、基盤構築までの多種多様なITサービスを提供しています。