【システム運用Q&A】システム運用の主なSLA項目 | ReSM

ホーム  >  システム運用Q&A  >  運用Q&A 8

システム運用について

システム運用のSLAにはどのような項目がありますか?

SLA(Service Level Agreement サービスレベル合意)は、適切なシステム運用を実現するにあたり最も重要な要素のひとつです。システムを何時から何時まで稼働させるのか、インシデントが発生した場合の対処内容など、SLAとして合意した内容を軸にサービスが提供されます。では、システム運用において一般的なSLA項目を見てみましょう。

システム運用におけるSLA項目(例)

■サーバ・ネットワーク運用
サーバ可用性:xx.x%以上
バッチ処理完了時間遵守率
定時バックアップ率
バックアップの保存期間
データリカバリの復旧時間
障害通知初報遵守率:xx.x%(障害発生後xx分以内)
障害に対するワークアラウンド対応時間:xx分以内
サービス要求への応答時間:xx分以内
重大障害(作業ミス)の件数 x回/年以内
障害復旧時間:xx時間以内
オンライン開始時間遵守率:xx.x%
webページレスポンス時間遵守率:xx.x%
ネットワーク稼働率
伝送遅延時間

■ヘルプデスク
電話放棄率(電話呼損率)
電話応答待ち時間(平均)
電話保留待ち時間(平均)
回答時間(平均)
一次回答率

システム運用Q&A インデックスへ

ReSMとは

ITシステム運用保守、設計構築の総合アウトソーシング・サービスです

24時間365日対応のシステム運用監視に障害対応をはじめ、システム設計構築から保守サポートまでをワンストップでご提供します。

詳細はこちら

ReSMサービス活用による課題解決は様々です

安心のサポート体制。迅速にアウトソーシングを導入できます

  • 検討から提案、導入は
    どう進む?具体的な
    流れをご説明します。
  • 実際のサービス料金は
    どれくらい?
    ご予算の目安に。
  • システム運用に関する
    疑問をQ&Aで
    お答えしています。
  • 関西・中京圏の
    お客様にも、営業が
    お伺いしてご説明します。

お問い合わせ、資料請求は、お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

  • 株式会社DTS

    1972年の創業以来、独立系の総合情報サービス企業として金融や通信をはじめ、さまざまな業種・業態のお客様に
    コンサルティングから設計、開発、運用、基盤構築までの多種多様なITサービスを提供しています。